骨の一部がむき出しになり変形が進む

walking

骨を覆っていた関節軟骨がすり減ってくると、骨の一部がむき出しになります。

骨と骨が直接ぶつかりあうために、大きな負担がかかって、辺縁に「骨棘」と呼ばれる、棘のようなものができてきます。

こうして骨の変形が進み、それに伴って痛みが強くなっていきます。

中等度の治療も、軽度と同様、「保存療法」が基本です。

運動療法でひざを支える筋力を強化したり、日常生活でひざへの負担をできる限り減らしたりします。

ただ、骨の変形が著しい場合は、内視鏡による手術や、O脚を矯正する手術が行われることもあります。

(続く)