筋肉量が増えるとひざの負担が減る

walking

運動不足を解消しようといきなりウォーキングなどをはじめると、ひざの痛みか強くなることがあります。

それは、ひざ関節を見える筋力が低下しているのに、ひざにかかる負担が増えたためです。

ひざに痛みがある人は、まず、ひざ関節を支える筋力をつけるためのトレーニングからはじめましょう。

重心点的に鍛えたいのは、太ももの前側にある「大腿四頭筋」です。

私たちは歩くとき、かかとから着地します。

このとき、大腿四頭筋が収縮して、ひざへの負担を和らげてくれます。

また、ひざを伸ばすときにも大腿四頭筋が働いています。

そのため、大腿四頭筋を鍛えるとひざ関節の働きが安定し、痛みの軽減につながるのです。

(続く)