画像での検査のほか血液なども調べる

walking

整形外科を受診した際に、問診や視診などとともに、必ず行われるのが、「X線検査」です。

X線検査では骨は白っぽく写りますが、関節軟骨や半月板は写りません。

しかし、骨と骨のすき間から関節軟骨の摩耗具合がわかります。

X線検査で診断がつかない場合などは、関節軟骨や半月板も写る「MRI検査」や、骨の状態がより詳細にわかる「CT検査」が行われることもあります。

また、病気の鑑別のため、血液検査や関節液の検査が行われることもあります。

さらに、ひざの内部を関節鏡(内視鏡の一種)で直接観察する「関節鏡検査」が行われることもあります。

(続く)