日常生活の中でこまめに動くのもよい

walking

肥満のある人がひざの痛みを軽減するには、減量が欠かせません。

最近の研究で、特別な運動をしなくても、日常生活動作で消費エネルギーを増やせることがわかりました。

じっとしている時間を減らすことが消費エネルギーを増やすコツです。

体を動かすのに慣れてきたら、意識的な運動も取り入れましょう。

体力や筋力をアップさせるには、ある程度まとまった運動が必要です。まずは、1週間で2、3のエクササイズを目標にするとよいでしょう。

運動した翌朝に痛みが強くなっていたり、疲労で起き上がれなかったりするのは無理のしすぎ。

運動強度を弱いものにするか、運動時間を短くするなどして調節してください。

まずは運動強度の弱いものからはじめ、徐々に体力にあわせて強度を上げていきましょう。

(続く)