基本のトレーニングのあと有酸素運動を行うとよい

walking

有酸素運動は、「ストレッチ+筋力トレーニング」という基本トレーニングのあとに行うと効果的です。

筋力トレーニングでは、主に筋肉に貯蔵してある「グリコーゲン」という物質を燃焼して、短時間に大きなエネルギーを得ています。

このとき酸素を利用しないため、「無酸素運動」と呼ばれています。

無酸素運動の直後には、「成長ホルモン」がたくさん分泌されます。

これは筋肉や骨、免疫細胞などを強くするホルモンで、体脂肪の燃焼を促す働きもあります。

そのため、筋力トレーニングを行い、成長ホルモンが分泌されてから有酸素運動を行うと、体脂肪を燃焼する効果がアップするのです。

筋力トレーニングと組みあわせることで体脂肪が体につきにくくなります。

(続く)