保存療法で改善しなければ手術で変形を正す

walking

重度の場合でも、まずは保存療法を行うのが一般的です。

保存療法を行っても、痛みが強かったり、変形のために日常生活が制限されたりする場合は、外科的な手術を検討します。

手術は主に、ひざの関節を人工関節に置き換える「人工関節置換術」が行われます。

この手術は、ひざの痛みを改善する効果が高く、痛みや変形でまったく歩けなかった人も、長時間歩けるようになります。

日常生活が、大きく改善することが期待できます。

ただし、手術後すぐに歩けるようになるわけではなく、リハビリテーションが必要です。

また、筋力を鍛える運動療法も続けていきます。

(続く)