保存療法でよくなる

walking

残念ながら、すり減った関節軟骨を元通りにすることはできません。

しかし、軽度の段階なら、ほとんどの場合、「保存療法」で痛みや違和感を軽減することができます。

保存療法とは、いわゆる手術以外の治療法で、ひざ関節を支える筋力をつける「運動療法」が中心です。

また、日常生活でひざの負担を減らす工夫をしたり、ひざを温める温熱療法、痛みを和らげる薬物療法などもあります。

肥満のある人は、減量も症状の軽減に大きな効果が期待できます。

ただ、関節軟骨や半月板がひどくけばだっていて、痛みが強い場合は、「関節鏡視下手術」を検討することもあります。

(続く)