ひざを支えて動きをコントロールしている

walking

ひざ関節は人の体の中で、もっとも大きな関節です。それを支えているのは、圭に「大腿四頭筋」と「ハムストリング」という筋肉です。

大腿四頭筋は太ももの前側にある筋肉で、この筋肉が収縮すると、ひざを伸ばすことができます。

ハムストリングは太ももの裏側にあり、ひざを曲げるときに働きます。

これらの筋肉(骨格筋)は、多数の「筋細胞」からなります。ひとつひとつの筋細胞が収縮することで、筋肉全体が収縮します。

そして、立つ、座る、歩くなどのひざの複雑な動きをコントロールしているのです。

筋肉とともにひざの動きを支えているのが、「靭帯」です。強固な線維の束で、ひざ関節がぶれないよう、骨と骨をしっかりとつないでいます。

(続く)