ひざを動かしやすくする

walking

ひざの痛みがあると、ひざをあまり動かさなくなります。

すると、大腿四頭筋やハムストリングが収縮したままになり、こわばってしまいます。

また、筋肉だけでなく、ひざ関節を包む関節包や靭帯などの組織も、硬くなってしまいます。下半身の血流も悪くなります。

そこで筋力トレーニングを行う前に「ストレッチ」を行い、筋肉を伸ばしていきます。

筋肉が柔らかくなると、関節の活動域も広くなります。

ストレッチのポイントは反動をつけずに、ゆっくりと筋肉を伸ばすことです。

伸ばしている筋肉を意識しながら、行いましょう。

ストレッチは準備運動としてだけでなく、筋力トレーニング後の整理運動にも適しています。

(続く)