Featured post

ご挨拶

walking

はじめまして。現役薬剤師の管理人です。

こちらのサイトではひざ関節痛の仕組みとその対策についてご紹介していきたいと思います。

ご愛顧いただければ幸いです。

管理人

[関節痛サイト] ヒアルロン酸の比較はこちら
[関節痛サイト] グルコサミンの比較はこちら
[関節痛サイト] コンドロイチンの比較はこちら

ひざを支えて動きをコントロールしている

walking

ひざ関節は人の体の中で、もっとも大きな関節です。それを支えているのは、圭に「大腿四頭筋」と「ハムストリング」という筋肉です。

大腿四頭筋は太ももの前側にある筋肉で、この筋肉が収縮すると、ひざを伸ばすことができます。

ハムストリングは太ももの裏側にあり、ひざを曲げるときに働きます。

これらの筋肉(骨格筋)は、多数の「筋細胞」からなります。ひとつひとつの筋細胞が収縮することで、筋肉全体が収縮します。

そして、立つ、座る、歩くなどのひざの複雑な動きをコントロールしているのです。

筋肉とともにひざの動きを支えているのが、「靭帯」です。強固な線維の束で、ひざ関節がぶれないよう、骨と骨をしっかりとつないでいます。

(続く)

骨が弱くなってもひざに痛みは出ない

walking

変形性ひざ関節症と同じように、中高年の女性に多い病気のひとつに、「骨粗鬆症」があります。

骨粗鬆症とは、骨の新陳代謝のバランスが崩れて、骨がスカスカになり、弱くなる病気です。そのため、ちょっとしたことで骨折しやすくなります。

しかし、骨粗鬆症を発症しているからといって、変形性ひざ関節症になりやすいというデータは、今のところありません。

ただ、骨粗鬆症で骨がもろくなって骨折すると、それが原因で変形性ひざ関節症を発症するケースはあります。

骨折すると、歩くときのバランスが崩れて、ひざに過度の負担がかかります。

すると、関節軟骨の摩耗が進行して、変形性ひざ関節症を引き起こすのです。

また、一定期間脚を動かさないことで筋力の低下も起こります。

逆に、変形性ひざ関節症の治療で骨が弱くなることもあります。炎症を抑える作用のある「ステロイド薬」の関節内注射を繰り返すと、その副作用によって骨粗鬆症を引き起こす危険性があるともいわれています。

(続く)

内科系の疾患が原因の場合もある

walking

一見、ひざの痛みとは関係ないと思われるような病気に関連して、ひざの痛みが起こるケースもあります。

そのひとつが「糖尿病」です。

糖尿病で神経障害が起こると、痛みを感じにくくなります。

そのため、ひざを酷使し続けてしまい、関節の破壊が進みます。これを「神経障害性関節症」といいます。

いずれにしても、ひざの痛みの原因を早めに特定して、適切な治療を受けることが大切です。

特に関節リウマチや大腿骨穎部骨壊死は進行が速いため、注意が必要です。

自己判断で運動療法などを行うと、悪化させる危険性もあります。必ず専門医の診断を受けるようにしましょう。

(続く)

自覚症状の内容が診断に大きく関わる

walking

ひざの痛みが現れる病気には、変形性ひざ関節症以外にもさまざまなものがあります。

例えぱ、突然、足の親指に激しい痛みが起こる「痛風」。実はひざ関節に痛みが起こることもあるのです。

また、運動中にひざに強い痛みが生じた場合は、「半月板・靫帯損傷」の可能性があります。

変形性ひざ関節症と同じように、ひざの痛みが徐々に強くなる病気には、「関節リウマチ」があります。

これらの病気の鑑別には、患者さんの性別や年齢のほか、どんなときに、どんなふうに痛むかといった情報が非常に大切です。

問診では、できるだけ詳しく症状を伝えましょう。

問診の内容に加えて、画像検査などから診断されます。

(続く)

画像での検査のほか血液なども調べる

walking

整形外科を受診した際に、問診や視診などとともに、必ず行われるのが、「X線検査」です。

X線検査では骨は白っぽく写りますが、関節軟骨や半月板は写りません。

しかし、骨と骨のすき間から関節軟骨の摩耗具合がわかります。

X線検査で診断がつかない場合などは、関節軟骨や半月板も写る「MRI検査」や、骨の状態がより詳細にわかる「CT検査」が行われることもあります。

また、病気の鑑別のため、血液検査や関節液の検査が行われることもあります。

さらに、ひざの内部を関節鏡(内視鏡の一種)で直接観察する「関節鏡検査」が行われることもあります。

(続く)